Amos

CrossFireで活動中。デバイスのレビュー、活動報告、雑記。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

やまとんvsやばとん 

2011/09/21
Wed. 22:16

先日名古屋にYamatoNが来訪し、ドリームマッチが実現したので記事にしたいと思います。

■やばとん(矢場とん)とは?
名古屋にある有名な味噌カツ専門店である。
矢場とんのみそだれは、一般的などろりとした黒に近い色のものではなく、
さらりとした茶色に近いクドみのないもので、載せるというより浸ける。
みその旨みが豚の身や脂の甘さを引き立たせる。
地元の人が日頃よく食べるみそかつよりライトな味わいのものであり、
本物の赤みそだれに慣れていない観光客向けと言える。(Wikipediaより抜粋)


a


aa


aaa

a
スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

最新の使用デバイスとか 

2011/09/17
Sat. 16:37

今使ってるデバイスはこんな感じです。コンフィグも更新しました。

マウス
Microsoft - IntelliMouse Explorer 3.0(生産終了)
ソール
Hyperglide - Hyperglide Skates MS-3
コードホルダー
Evo-G - Mouse Bungee(マウス快適くん)
マウスパッド
ARTISAN - ARTISAN KAI.g3 飛燕(Rev. 2) HARD L
キーボード
東プレ Realforce91UDK-G
ヘッドセット
Sennheiser - PC350
モニター
BenQ 23.6型 LCDワイドモニタ (ブラック) XL2410T

キーボードとヘッドセットがとてもいい仕事してます。
価格はそれなりにしますが、価格以上の性能をもっています。
少なくとも同価格帯で匹敵するデバイスは存在しないといえるでしょう。

モニターはうわさの120hz液晶ですが、75hzで使ってます。
AIMの感じがすごく変わるので前の設定のままです。
120hz自体は素晴らしいとは思いますが・・・。
どうしようか。慣れかな?

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

ベトナム遠征part1 

2011/09/01
Thu. 18:17

ようやく帰宅しました。
20日間のベトナム遠征、得たものは大きかったと思います。

生活環境、練習環境、食事
海外で一ヶ月近く過ごすということは初めての経験で、楽しくもあり、辛くもあり、今となっては、とにかく疲れました。

それほど刺激的で密度の濃い内容でありながら、終わってみると、
一日一日の出来事はぼんやりとしか思い出せず、非常に速い20日間だったと感じており、とても不思議な感覚です。

とにかく、今回から数回に分けてベトナム遠征を振り返っていきたいと思います。


■一日目 前編


8月9日、成田空港から5時間のフライトでベトナムのハノイに到着。
ベトナムのタクシーはぼったくられると有名ですが、幸いにも、今回はGeniusGamingが迎えに来てくれました。

syanai

左の爽やかな笑顔は、今回最もお世話になったメンバーの一人、ジュンです。
右の不気味な笑顔はダリア。

van

GeniusGamingボルケーノチーム、エースアサルターのバンです。

syanai2

車窓から。携帯で撮った写真なので画質は・・・。

kaunta-

ホテルに到着。

heya

部屋はこんな感じです。そこそこ広い部屋で、5人で1部屋ベット2つにマット1つ。

ここは6階ですが、上の階に部屋があるにも関わらず、ベッドの上に水漏れが発生するエキサイティングな部屋でした。
たまに天井の塗料も剥げて降ってきて、荷物が白く彩られるおまけ付です。

一日目は気付くことなく、びしょ濡れで二日目の朝を迎えることになります。

yamato1

第一被害者 Yさん

荷物を整理した後、生活用品調達の為買い物。
とはいえ、外人の旅行者は当たり前のようにぼったくられるそうなので、
GeniusGamingマネージャーの(厳密には少し異なりますが)クエンに付き添ってもらってスーパーマーケットへ。

今回の遠征で、ホテルの手配も含めて、ほとんどつきっきりに世話をして頂けた恩人です。
彼女がいなければ今回の遠征はとても困難なものになっていたでしょう。

べトナムの物価ですが、日本と比較すると、大体、日本円は7~8倍の価値があったように思います。
覚えている範囲では、ケーキがワンホールで300円程度だったりと、様々な費用が随分安く済みました。

最近は物価の変動が激しいみたいなので、今はまた違った感じになっているのかもしれません。

hoterumae

ホテル前。
ベトナムはバイク社会です。歩道でさえもバイクで駆け抜けるのがデフォです。
歩行者も負けじと赤信号ガン無視で交差点を横断します。

hukei2

歩道橋から。

買い物を終えて、いよいよトレーニングセンターに向かいます。

kouen
道中の公園。
夜はカップルの溜まり場と化します。

to-rimichi

道中、斧くんとあやつじくん。

nandakke

トレーニングセンターです。
日本でいうネカフェと違ってゲームをする以外の余計な機能はありません。

senta-

PCのセッティングをしたりと、色々。

ようやく練習に入るといったところで、part2に続きます。

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

2011-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。