Amos

CrossFireで活動中。デバイスのレビュー、活動報告、雑記。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ARTISANパッドレビュー 

2010/12/17
Fri. 01:40

ARTISAN KAI.g3 飛燕Rev.2

滑るのに、止めやすい。

Vaultが愛用しているマウスパッドで、現在私も使用しているマウスパッドです。
特徴としては

・初動が軽い
・コントロールし易い安定した滑り
・滑りの割に止めやすい
・表面がザラついていて、マウスを動かしている感覚が伝わってくる
・パッドがずれにくい

以上の、万人向けの抜群の安定性があります。

初動の軽さと滑りが十分にあり、その上布目の引っ掛かりを感じることが出来るので、非常に止めやすいです。

今までに販売されている製品とは一線を画す性能を持っていますね。
滑りと止まり、どちらも高レベルに仕上がっています。

一般に滑るマウスパッドはその分止まり性能が落ちると言われておりますが、
飛燕は滑りを重視しつつ、止まりのことも考えられているパッドといった印象です。
布製品としては滑るタイプなものの、ある程度力を入れると簡単に止まってくれます。

今までの滑るマウスパッドは止め難い製品が多く、使えないマウスパッドが多かったのですが
飛燕はその問題を解消しており、万人向けといえる扱いの簡単さを生み出しています。

また、プラスチック製、布製どちらを使ってた方にもお勧めできます。
プラスチック製に近い滑りと布の止まりを持っているので、抵抗無く移行できるでしょう。
私は直前までプラスチック製を使ってましたが、初動や滑りに不満は無く、すぐに慣れました。

万人向けながら、ユーザーのことが考えられている、競技の為のマウスパッドです。

競技においてどれだけ安定した動作を実現できるか、妥協のない拘りが詰まってます。
この記事は紫電の話ではありますが、他社製品にはない「拘り」が語られています。

真剣にFPSをやってみようと思っている方は、是非一度試すことをお勧めします。


■HARD・MID・SOFTの違い

中間層の硬さの違いです。
HARDはマウスが沈み込む感覚がまったくなく、SOFTは逆に沈み込む感覚が大きくなってます。
これは初動の軽さとマウスのストッピング動作に影響を及ぼします。

感覚としては、HARDは目標ポイントの手前でブレーキをかけて徐々に止めるイメージ、プラスチック系のパッドに近いものがあると思います。
逆にSOFTは目標ポイントでピタッと沈み込ませて止めるといった感じですね。
HARDと同じ感覚でSOFTを使用すると、狙ったところの手前にAIMしてしまったりします。

■初動(滑り出し)
HARD>MID>SOFT

■滑り
殆ど変わらない。(ただし、初動が違うので体感HARDの方が滑る。)

■止まり(コントロールのし易さ)
SOFT>MID>HARD

それぞれのタイプは、自分のマウスの止め方、初動の軽さを重視するかなどで選択すればいいでしょう。
表面は変わらないので、滑り自体はあまり変わりません。

個人的に、スナイパーは初動を重視する方が多いので、HARDをお勧めします。
プラスチック製と違って止まりも優秀なので、安定性が段違いです。

アサルターまたは初めてマウスパッドを使ってみる方はSOFTをお勧めします。
SOFTにしろ初動は十分に軽く、マウスを沈み込ませるストッピングは抜群の安定性があります。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://drnel.blog117.fc2.com/tb.php/39-bb7e8967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。